1. HOME
  2. 商売支援
  3. 労働保険

WORKS

商売支援

photo18[民商]確定申告、融資、多重債務、経営相談は旭川民商へ

労働保険

労働保険のことは「民商」の事務組合へ

旭川民商労働保険事務組合は、国の認可を受け、労働保険の加入申請や各種届出、保険料の申告納付に関する手続きなどを行っています。労働保険に関する疑問、ご相談はお気軽に民商事務組合へ!

労働保険とは?

労働保険とは、労災保険と雇用保険とをまとめた名称です。事業主は従業員を雇った場合、労働保険に加入することになります。労災保険は、従業員が業務中や通勤中にケガなどに見舞われたとき、治療費や休業補償などの 給付を受けることができます。雇用保険は、従業員が失業したとき必要な給付を受けられます。冬期間仕事のない事業に携わる従業員は、特例一時金を 受給することができます。

事業主の労災保険「特別加入」

労災保険は、本来労働者の保護を目的とした制度のため、事業主やその家族などがケガをしても労災保険の対象になりません。 しかし、「特別加入」という制度があり、中小事業主が労働保険事務組合にはいると、この制度に加入でき、労災保険の対象になります。「特別加入をしていたおかげで、治療に専念でき助かった。」との声も寄せられています。もしもの時に備え、安心して仕事ができるように、事業主のみなさんも「特別加入」をしましょう。

労働保険手続きも、安い・簡単・安心の民商事務組合へ

従業員を一人でも雇ったときには、労災保険に加入しなければなりません。さらに雇用条件によっては、雇用保険にも加入します。労働保険事務組合に入れば、面倒な事務手続きが軽減され「特別加入」もできます。メリットいっぱいの民商事務組合へ、ぜひご加入ください。

  1. 安い ~ 良心的な組合費に「助かる」の声多く、保険料も3回に分けて納付できます。
  2. 簡単 ~ 事務や届出が軽減され、簡単に手続きできます。
  3. 安心 ~ わからないこと困ったこと…いつでも相談できます。
仕事中のまさかのけが・・・「どうしたらいいの!?」

従業員が業務上のけがや病気で、病院にかかったり入院したりとなったら大変です。労災保険は、そんな時でも治療費や林業補償などの保険給付を受けられる制度です。万が一にそなえ必ず労災保険加入しましょう。

一人親方・事業主・家族従業員も労災保険に加入できます!

事務組合に入れば、本来労働者しか加入できない労災保険に事業主も加入できます(=特別加入制度)いま特別加入しないと、建設現場への入場を断られるケースが目立ちます。また、事業主がけがなどして補償が全く受けられなかったら、営業が立ち行かなくなってしまうことも。何より大事な自分の身体と仕事…しっかり守るためにも民商事務組合に入って「特別加入」しましょう。

商売支援